Sound Horizon   3rd  "Lost"

09 ゆりかご

 


(七番目の記憶…)

 
ゆりかごの中 まどろむように
たゆたう季節(とき)は 暁の春

爽やかな風 鳥の歌声
暖かな灯は 揺れる木洩れ日
岬へと続いてる なだらかな道…

すれ違う人 朗らかな声
言葉を交わす 穏やかな午後
 

静かに眠る 幼い坊や
「ぐずつきもせず、良い子なんです」と
母親は誇らしげに 微笑んでいる…

(忘レモノハ在リマセンカ…)


幸せそうな在りし日の影(シャドー) 
繰り返される幻想の日々 

狂気に気付いても誰が言えよう
抱いているその子は『もう骨になってる』と…

 


(女は今日も我が子の亡骸を抱いてさまよう…) 
(揺らぐ水底 思い出さない方が幸せな忘れ物…) 

(少年と少女がそれをも喪失(Lost)と呼ぶのなら…) 
(その日の空は 何処までも蒼く澄み渡るだろう…)






中譯:

from:
三日月的寢台
(
http://crescentcastle.blog53.fc2.com/ )




(第七個記憶)
 
就像是在搖籃中假寐
漂蕩的季節正值拂曉的春日

颯爽的涼風 鳥兒的歌聲
溫暖的光芒是在樹梢間搖曳的陽光
伸延至海岬的平穩道路
 
錯肩而過的人們 愉快的聲線
交換著對話 悠閒的下午

安靜地睡眠的小孩子
「沒有鬧半點彆扭,真是個好孩子呢」
母親因誇獎而露出微笑…
 
(有遺忘了甚麼東西嗎…?)


過去幸福的影子(Shadow) 
被一再重覆的幻想生活

即使察覺到其瘋狂亦沒有人道出
一直抱著的那孩子『早已化成白骨了』…
 



(女子今天也抱著我兒的亡骸在徬徨…)
(搖晃的水底 想不起來會比較幸福的遺忘之物…)
 
(如果少年與少女也稱之為喪失(Lost)的話…)
(那日的天空 是萬里晴朗的蔚藍色吧…)

 

 

米佳 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()